商品情報にスキップ
1 16

アルヴァ・アアルト(1898-1976)は、今日では近代建築とスカンジナビアデザインの偉大な巨匠の一人として知られています。アアルトは人間と自然からインスピレーションを得て、独自の建築とデザインのスタイルを生み出しました。彼は、優れたデザインは日常生活の一部であるべきだと信じていました。そのため、日常生活を向上させる賢明な製品を生み出しました。アルヴァ・アアルトは、自分のガラス製品がどのように使用されるべきかについて決して語らず、ユーザーに決めてほしかったのです。

アルヴァ・アアルトの花瓶の最初のスケッチは、ふざけて「エスキモーの女性の革ズボン」と呼ばれていました。アルヴァ・アアルトの人生と創造性において、自然は大きな役割を果たしました。アアルト コレクションのオブジェの起伏のあるフォルムは、何千もの湖があるフィンランドの風景のようで、美しく、生き生きとしていて、自然のままです。イッタラ工場のガラス吹き職人は、エンドユーザーが用途を決定できる流動的な有機的な形状という 1 つのテーマのバリエーションである伝説的な花瓶を今でも細心の注意を払って手作りしています。新しい色と素材による形の解釈は、成長を続けるアルヴァ アアルト コレクションに加えられ、彼のオリジナルのデザインアイデアに忠実であり続けます。

アアルトの花瓶を作るには 7 人のガラス吹き職人が必要です。彼らはそれぞれ、ガラス職人のさまざまな分野で長年にわたる厳しい訓練を受けています。ガラスを予備成形し、予熱した型に入れます。型の壁に吹き付けて花瓶の形を作ります。これが行われると、温度は最大 1,100°C に達します。アアルトの花瓶の製作には、12 の作業段階、16 時間、そして多大な職人技と情熱が必要です。それぞれの花瓶は本当にユニークです。マスターブロワーは、自分の手作業だけでなく、最も経験豊富な同僚の指紋も認識できます。

イッタラ -フリーファームの必需品の制作 - Vimeoのサウンド デザインと音楽。

アルヴァ・アアルト 花瓶 160 mm

アルヴァ・アアルト 花瓶 160 mm

by Iittala

通常価格 £155.00 GBP
通常価格 セール価格 £155.00 GBP
セール
in stock and ready to ship
Made to Order for you in 2-3 weeks
詳細を表示する

Reasons to shop with us

‘Made to Order’ products are ordered in from the manufacturer on the customers request and are considered a bespoke product - special terms and conditions apply. Production (lead) times stated above are an estimate only and do not include transit times from the supplier, or the time taken to deliver to you.

In stock items are available for immediate dispatch from our London-based warehouse. The daily cut-off time is 12:00 am for same day shipping, orders placed in the afternoon will be shipped the following day. Please refer to inventory levels above for live stock availability.

Technical Information
Height: 160 mm
Materials/Construction
Mouth blown glass

アルヴァ・アアルト(1898-1976)は、今日では近代建築とスカンジナビアデザインの偉大な巨匠の一人として知られています。アアルトは人間と自然からインスピレーションを得て、独自の建築とデザインのスタイルを生み出しました。彼は、優れたデザインは日常生活の一部であるべきだと信じていました。そのため、日常生活を向上させる賢明な製品を生み出しました。アルヴァ・アアルトは、自分のガラス製品がどのように使用されるべきかについて決して語らず、ユーザーに決めてほしかったのです。

アルヴァ・アアルトの花瓶の最初のスケッチは、ふざけて「エスキモーの女性の革ズボン」と呼ばれていました。アルヴァ・アアルトの人生と創造性において、自然は大きな役割を果たしました。アアルト コレクションのオブジェの起伏のあるフォルムは、何千もの湖があるフィンランドの風景のようで、美しく、生き生きとしていて、自然のままです。イッタラ工場のガラス吹き職人は、エンドユーザーが用途を決定できる流動的な有機的な形状という 1 つのテーマのバリエーションである伝説的な花瓶を今でも細心の注意を払って手作りしています。新しい色と素材による形の解釈は、成長を続けるアルヴァ アアルト コレクションに加えられ、彼のオリジナルのデザインアイデアに忠実であり続けます。

アアルトの花瓶を作るには 7 人のガラス吹き職人が必要です。彼らはそれぞれ、ガラス職人のさまざまな分野で長年にわたる厳しい訓練を受けています。ガラスを予備成形し、予熱した型に入れます。型の壁に吹き付けて花瓶の形を作ります。これが行われると、温度は最大 1,100°C に達します。アアルトの花瓶の製作には、12 の作業段階、16 時間、そして多大な職人技と情熱が必要です。それぞれの花瓶は本当にユニークです。マスターブロワーは、自分の手作業だけでなく、最も経験豊富な同僚の指紋も認識できます。

イッタラ -フリーファームの必需品の制作 - Vimeoのサウンド デザインと音楽。